アンボーテを使って副作用が出ることはないのか?

アンボーテを普段の生活で使っていく上では副作用のことは結構心配になると思います。その名の通りデリケートゾーンというのは体の中でもかなり敏感な部位ですからちゃんとした商品じゃないと使うのが結構怖いですよね。

アンボーテのほとんどの成分についてはオーガニック成分が利用されていますからある程度は安心なんですけれども、オーガニック成分以外の成分についてはもしかしたら副作用が発生する可能性があるのかもしれない・・・という心配をしている人も多いので、このページではその点について検証していきたいと思います。

 
・プロパンジオール

まず最初にプロパンジオールという成分について。この成分についてはシャンプーや化粧品などに配合されていることが非常に多いですね。髪の艶を出したり肌をすべすべしたりという目的で利用されていることが多いです。

アンボーテでもプロパンジオールは使われているわけなんですが、これまでの成分調査では肌に対しての刺激は非常に少なくアレルギーや副作用などの心配はほとんど無い成分です。

 
・ペンチレングリコール

ペンチレングリコールは保湿成分として使われることが非常に多いです。肌の保湿だけではなくて抗菌性を持っているのでデリケートゾーンに使うときには細菌の増殖などを防いで肌が綺麗な状態を保ってくれるということになるわけですね。

肌に対しての刺激は少なくて敏感肌の人やもともとアレルギーなどを持っている人にも使用することができるので安全性が高く副作用の心配が少ないです。

 
・グリセリン

なんとなく聞いた響きの悪いグリセリンですが、刺激性が少なく副作用の心配はほとんど無い成分なのでほとんどの化粧品の中に配合されている成分なんですね。保湿性が非常に高いため肌を乾燥から守る働きを主にしています。

 
・・・と、こんな感じでアンボーテに配合されているオーガニック以外の成分についても副作用の心配はほとんどありません。というか、最初から副作用についてはよく考えられてどういった成分を使うのかということは計算されていますから、実際に使用する私たちはそれほど心配する必要ないと言えるでしょう。公式サイトから購入している場合には肌トラブルなどの副作用が発生してしまった場合にはちゃんと対応してもらえるわけですからその点については安心できます。

アンボーテの公式サイトへ ⇒ 【アンボーテ フェミニーナウォッシュ】

アンボーテの使用頻度はどれくらいにすると効果が出るのか?

デリケートゾーン対策のアンボーテですが、使用する頻度については一般的なボディーソープと同じように1日1回で問題ないと思います。人によっては夜にお風呂に入った上に朝にシャワーを浴びているということもあるかもしれませんが、そういった場合であってもアンボーテの使用については1日1回で良いでしょう。

デリケートゾーンから発生してしまう嫌なにおいが気になるという人の場合には1日2回使いたくなってしまうかも知れませんけれども、それなりに効果は長続きしていますし何よりも1日2回という頻度でアンボーテを使用してしまうと1ヶ月に2本くらい必要になってしまいますからちょっとお金がかかってしまうということでNGだと思います(もちろん金に糸目はつけないという人の場合には定期購入コースの配送頻度を変更してもらって1ヶ月に2本使うという使用頻度でも構わないとは思いますよ)。

 
実際に使う時なんですが、1回あたり2回から3回のプッシュで使用するというのが良いのではないでしょうか。1日に使用1回でこの使用量という頻度であれば大体1ヶ月で1本使い切るくらいになると思いますよ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ